収入証明不要カードローンですぐに借入れするには

収入証明不要

すぐにお金を借りたいのに、書類の用意なんて面倒ですよね。

 

現在、各社カードローンの契約には必要な書類は「身分証明書」になります。この「身分証明書」は一般的に『免許証』か『パスポート』が一般的です。そして、カードローン契約に必要な書類として追加的に必要になる書類として「収入証明書」があります。
通常は、収入証明書といった書類が必要になります。主に給与明細書、源泉徴収票、確定申告書という書類です。
個人事業主の方であれば確定申告書のコピーが必要です。
また、専業主婦がキャッシングを利用するという場合には、これに加え、旦那さんの収入証明書と同意書が必要になる場合があります。

 

しかしここで紹介するカードローンは、収入証明書が不要でお金を借りることができます。
収入証明書が不要なので、わざわざ市役所に源泉徴収票をもらいに行ったり、確定申告書類を探す手間も省けます。
今はメール添付でインターネット契約ができるので融資のスピードも速くなってきました。だからすぐにお金が欲しい人でも即日融資が可能です。

 

収入証明不要のカードローンはこちらです

当サイトのカードローンおすすめランキングをご紹介します。(当サイトおすすめ順です)

 

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)はスピードが早いのが特徴。スピーディな審査で、借り入れが可能かどうが3秒ですぐに分かります。
審査結果は最短30分で分かります。
こちらもWeb申し込みですべて契約手続きも完了するので来店不要です。
平日14時までにWeb契約が完了すれば当日に融資可能です。
30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)がありますので、給料前にちょっと足りないといった場合には、無利息で借りられるからとても助かります。
詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

即日融資できる収入証明不要カードローン

すぐにお金がいる時、キャッシングの審査を受けますよね。
最近のキャッシングは審査時間がとても短く、即日で借り入れができるということが多くあります。
しかし借りる時は様々な書類が必要となります。
自分の身分を証明する身分証明証、自分の収入がどれだけあるかを証明する収入証明などが必要です。
身分証明証は免許証か保険証を持っていればすぐに用意できます。
ですが収入証明証はそうもいきません。
働いている会社に言わなければもらえませんので、時間がかかります。
また急に収入証明するものをくれと言ったら、会社側に怪しまれるのではないかと心配になりますよね。
会社でそういった噂がたつと、すぐに広まってしまうこともあるので用心したいものです。
時間がかかるということは、お金が必要な時にすぐに手に入らないということです。
なのですぐに必要な人にはおススメできません。
しかし収入証明が不要な場合も多くあります。
それは借りる金額が金融会社によって様々ですが、50万以下、100万円以下といった会社があります。
収入証明が必要なければすぐに借り入れが可能なので、まとまったお金を借りたい場合は収入証明が不要なものを選択しましょう。

収入証明なしてもキャッシングできる所

収入証明不要 ローン

世の中には予期せぬ出費が起こってしまうことがあると思います。そのような時にはできれば早く資金調達をしたいものですが、通常資金調達をするためには収入証明が必要ですよね。

しかし、一般的に考えると収入証明などは普段持ち歩いている物ではありませんし、すぐに用意することが出来るというものでもないと思います。できれば収入証明がなくても借りることが出来るキャッシングを利用したいと思いますよね。
収入証明がなくてもキャッシングできるところは実は以外にたくさんあるようです。
たとえばSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)は、50万円万の申し込みであれば収入証明がなくてもキャッシングの申し込みをすることが可能です。
アコムやモビットといった大手の消費者金融でも、50万円未満の申し込みであれば収入証明書は不要になっています。
ただし、他の貸金業者で借り入れがある場合には、その合計が100万円未満であることが条件です。このような大手消費者金融であれば即日キャッシングも可能ですからとても便利だと思います。
さらに、銀行系カードローンであれば、300万円未満というかなり大きな金額を収入証明が不要で借りることが出来るところもあります。
収入証明がなくてもキャッシングできるところはこのようにいくつもありますが、その分審査はやや厳しくなっていることが多くなります。返済計画を考えて利用すればかなり便利なのではないでしょうか。

収入証明書の種類にはどんなものがある?

 

消費者金融で借り入れをする際、収入証明が必要になる場合があります。
収入証明書の提出が求められた場合は必ず用意しなければなりません。
そうでないとお金の借入ができなくなるからです。
では収入証明書の種類にはどんなものがあるのでしょうか?

 

収入証明書は会社からもらえるものと区役所で発行してもらうものがあります。
会社からもらえるのは源泉徴収票と給与明細書。
どちらも最新のものでなければなりません。
給与明細は直近一か月分を提出すればOKです。
次に区役所で発行してもらう物。
住民税決定通知書・課税証明書・所得証明書・納税証明書の四つです。
いずれも発行してもらう市区町村によって書類の名称が異なる場合があります。
その場合は区役所のスタッフに相談して、適切な書類をもらいましょう。

 

そしてこの区役所で発行してもらう書類は、当年度の分でなければなりません。
昨年度の物は提出できませんので、必要になったら改めて新しい書類を発行してもらうことをおすすめします。
これらのいずれかを用意しておけば、収入証明として提出することができます。
借入の際に心配な場合は、事前に入手しておくといいですよ。
そうすればスムーズに取引が進むので、すぐにお金を借りることが可能です。

 

 

アルバイトでは収入証明書はどうなる?

アルバイトをしている人でもお金を借りたいと思う機会は多いと思います。
今はアルバイトでも審査が可能なところが多いので、アルバイトでも問題なく借入が可能です。
しかし借入の際に収入証明書を求めらたらどうでしょうか?
アルバイトでも収入証明書はあるの?時になる人も多いと思います。
アルバイトでも毎月の給料日の日には給与明細がもらえるでしょう。
給与明細も充分な収入証明書となるので、そちらを提出すればOK。
提出する際は直近一か月分の物を提出してください。
ただ給与明細を渡さないところなども当然あります。
そうなると収入証明書を入手することが難しくなるので、給与明細をもらっていないのならもらっておきましょう。
いざお金が足りなくなった時に申告しても、すぐには給与明細を発行してもらえない可能性が高いです。
ですので日頃から給与明細を意識しておき、もらえない場合はもらってください。
アルバイトは収入が低いため、お金の借入の審査も難しいと言えます。
ですので自然と収入証明を求められることも多くなるでしょう。
お金が足りなくなった時のために、収入証明のことは普段から覚えておくと良いですよ。
いざという時に焦らないようにしておきたいですね。